Pocophone F1 2週間の使用感レビュー

ガジェット
スポンサーリンク

Pocophoneが到着しておよそ2週間が経過したので、使用感と私なりの評価をレビューして行きます。

Lineモバイル(docomo)でも十分に通信可能であることも確認出来ました。本当は、SoftBank版に変えたほうが帯域としては、いいかなとは思っています。参考までにLineモバイルについて書いた過去記事を貼っておきます。

http://journeytoaimhigh.com/2018/07/02/post-459/

初回レビューにも書きましたがめちゃくちゃ顔認証は精度がよく殆どの場合、キレイにロック解除されるためホントに3万円のスマホか正直怖くなるレベルです。

開封時ファーストインプレッションは、こちらを参考にして下さい。

http://journeytoaimhigh.com/2019/02/05/pocophone-f1/
スポンサーリンク

実際のバッテリー持ちはどうか?

私の通勤時間は、会社着くまで20〜30分ですが、会社到着まで当然のように90%台をキープ出来ており、持ちが半端なくよく感じます(従前利用していた中古のGalaxy s7 edge対比ですが笑 会社着くまでに70%にはなっていました)。

20〜30分の利用内容は、基本Webにて新聞の閲覧(日経テレコン)、仮想通貨周りの取引所周回及びTwitterによる相場や好きなアーティストの最新情報のチェックです。90%なら普通と言われれば普通かもしれませんが、体感では非常に電池持ちはいい機種かと思われます。仕事でGoogle Mapsを使い2〜3時間運転するケースも非常に多いですが、それでも家に帰るまでに30%台後半はキープ出来ています。今まで3〜4回は、会社で充電に迫られていただけに気兼ねなく使ってこのバッテリー持ちであれば全く問題ありません。

カメラ性能はイケてる?

明治神宮の鳥居です。画像を縦にする技術が無くて涙

実際の画像は、上の画像の感じです。

結構いい感じに撮れます。想像以上でした笑 以前使用していたGalaxy s7 edgeと比較しても遜色なく使えるカメラ性能かと思われます。夜は若干弱い印象ですが、期待以上にキレイに撮れますよ(正直購入前にあまりカメラレビューが無かったのでかなり出来が悪いカメラなのでは?と思っていました気になっている方は参考にしてみて下さい)。

ゲーム時の発熱は?

黒い砂漠MOBILE程度のアプリであれば余裕で動作することを確認しました。熱も対して持たずに数時間プレイ可能です。もしかしたらかなりの神機種かもしれない笑 ちなみに仮想通貨ゲームのマイクリくらいであれば全く負荷なくこなしている感じです(電波状況の方が気になるレベル)。

前のGalaxy使用時と異なりChromeでタブを多重起動するなど重たい処理をしてもスマホが熱持たないので非常に液冷装置の効きがいいのではないかと思われます。

一応本機種は中国製スマホになりますが、GooglePlayも初期からインストールされており、全く不便なく使えております(今のところ機種で弾かれているゲームはありません Lineも安心して使えます)。

ちなみに2画面表示にも対応しています(画像は、上がYouTube 下がTwitterを表示しています)。画像は縦表示ですが、横表示でも分割起動することも出来ます。

スクリーンショット(趣味がバレますね笑)

Bluetoothでの音楽の聴き心地について

ワイヤレスBluetoothイヤホンBeoPlay E8でしか試していない前提にはなりますが、今まで使っていたGalaxyと接続性については変わりませんでした。

画面の遷移やアプリの切り替え時にこのPocophone F1だとたまにボツボツ途切れることがあり、少々残念なところがあります。何も操作してなければ問題なく接続されているだけにソフトの修正で直りそうな気がするので、今後のバージョンアップに期待したいところです(気になる人は少ないのかもしれませんが笑)。

不便、不満だったところ

使用してみて不便だった点は、通知がわからんという点です。

原因としては、ノッチがあるため、他のAndroidスマホであれば通知が表示されるところが使えないため、起きているものになります。

実際には、上のスクリーンショットの通り、上部ノッチの左に時間、右に電波状況と電池残量表示となっており、通知画面を引っ張り出さないと通知が一切わかりません笑

顔認証を入れているため、ロック画面で通知を確認することもほとんど出来ないため、上から下へスワイプして通知画面にて通知内容を確認することとなります(通知が無い時も開いちゃったりすることもあり意外と不便です)。

決定的な欠点は、動画を撮るときのカメラの起動スピードが遅いことです。国内で通常に販売されているスマホでは考えられないくらい動画撮影が開始されるまでのスピードが遅いです。ちなみにカメラ自体の起動スピードは早いだけにめっちゃ勿体無い印象です。

カメラからビデオに画面下をスライドして切り替えを行いますが、切り替えから画面が映るまでに30秒は待たされる体感です。さらに動画撮影ボタンをタッチしてから実際の撮影まで15秒程度かかるイメージになります。こればっかりは、買う前に値段相応と割り切る覚悟が必要かと思います。

追記
いつしかの機種のバージョンアップにより、動画撮影までのロスタイムがほぼ0秒レベルまで短縮されました! これでpocophoneに死角は無くなりました笑
子供との大切な瞬間を切り取れますよ!

意外にケースが潤沢

中国系通販サイトであるAliExpress、GearBest,Banggoodでは数百種類のケースが販売されています。当然日本のAmazonでも取り扱いがありますが、中国系通販サイトで買った方が安いですしデザインも豊富です。

本体が価格相応に若干安っぽい見た目なので(付属のケースも安っぽいです 指紋付きまくります)、多くの種類からケースが選べるのは嬉しいですね!高級感のあるケースを現在物色中。目移りするくらいケースが多く用意されています。

amazonリンク
Amazonリンク

通販の怖さがあるので、必ずレビューの画像を見てから購入することをおすすめします(商品説明画像は参考程度にして下さい)。レビューの画像がない商品は、出来る限り避けましょう(国内Amazonではほとんどレビューが無いので注意して下さい)。リスクしかありません。

私はGearBestのフラッシュセールで買いました

GearBest参考スクショ

gearbest(⇒商品への直リンクとなっています)でフラッシュセールスをやっていたのでそちらでポチッとさせていただきました。

コスパ最高なスマホになっているので長く使うことになりそうな予感。

私自身もいろいろなケースを探して買って行きたいと思います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました