中華スマホデビューにモッテコイPocophone F1買ったど〜!(日本語OK)

ガジェット
スポンサーリンク

勢いのあるタイトルで始まりましたこの記事ですが、ガジェおたである私がついに中国産スマホデビューしました。ちなみに今まで使っていたスマホはGalaxy s7 edge(中古)でしたので、比較も行いつつレビューして行きたいと思います。

スポンサーリンク

購入経緯

年末の忘年会シーズンに出張の連続も嵩みスマホを酷使しているうちにGalaxy s7 edgeの電池がヘタって来ました。機種変の打診を妻にするも、妻からはモバイルバッテリーでなんとかしなさいとのお言葉を頂く涙。 

ガジェ好きにとっては機種変理由が出来てしまったばかりになんとか買い替えられないか? お小遣いを貯めた金で買えるなら妻に報告無く買えるんじゃねぇ?と確信。 

毎日のようにGearBest,Banggood,AliExpressあたりを眺めいいスマホやクーポン無いかな〜?なんて探していたところにハイスペ格安のPocophone F1を発見した次第でございます(ゲーマーとしてスペックは落としたくなかった悲願)。

スペックについて

公式サイトからの転載になりますが以下の通りです。

公式サイトから転載

一応すべての点でGalaxy s7 edgeを上回っているにも関わらず、安いんです。謎ですよね?笑 唯一の欠点は防塵防水がない点くらいかなと(細かい点ではpocophoneが液晶でgalaxy s7 edgeがLEDである点も若干のスペック低下になります)。

液体冷却なんてGalaxy note9に搭載されるレベルの技術(同じものではないと思うが)で10万円超待ったなしのスペックとなっています。あとは、実機にてカメラによる写真の画像にどう差が出るかというところ、こればかりは、実機触ってみないとわかりません。

別途この機種には、顔認証機能があり、結構性能がいいらしいとの情報もあり期待が膨らみます。

GearBestでPocophone F1を注文してみた!

ある日299.99ドルという3万円ちょっとの価格で販売されていたので、好機を逃さずクリックし住所を英語で入力し個人輸入と相成りました(安くてハイスペックなのでゲーム盛りの中高生の初スマホにも非常におすすめ出来ます)。

今まで中国の通販サイトで一万円以上の買い物をしたことがない童貞状態でしたが、この買物で無事卒業。AliExpressでは、2週間から1ヶ月くらいかけて到着するイメージでしたが、GearBestでの今回の注文では、1週間弱で到着となりました。サイトというよりかは、販売店の差かな?

DHL配送にて依頼するも箱はボコボコでした笑 到着時の画像は以下の感じです。

DHLの海外通販らしいグチャグチャ笑
内容物 スマホと変換プラグ(地味に嬉しいサービス) 箱表面凹みありあり笑
凹みまくり〜笑 ご愛嬌www

内容物を確認するある〜♫

左から充電器、黄色い箱(下の画像で解説)、スマホ本体、上箱

黄色い箱の中身  左から説明書(辛うじて読めるのは英語かな?)、スマホケース(地味に嬉しいサービス)

使用感はどう? ファーストインプレッション編

電源を入れ利用してみましたが、かなり画像キレイじゃんという印象。即日本語も選択でき言語に不自由感なし。日本語化などの手続きは全く必要ありません。またノッチタイプのスマホ自体は初体験でしたが、結構うまく調整されているイメージでした。ノッチでも意外と画面が広く没入感を感じるものなんですね〜笑

タッチ感度も非常に良好で、ツイッターもチェックしやすいです。仮想通貨系アプリを多数インストールしましたが、熱を持つこなく利用出来、初回起動時から電池持ちの良さを体験することになりました。Galaxy s7 edgeの3倍以上の電池持ちの体感があります(Galaxyは、リネレボレボリューションなどの放置プレイをしていたこともあり電池自体が相当傷んでいたものと思われます)。ちなみにPUBGもいけまっせ笑

冒頭に書いた顔認証もかなり楽しいです。たまに反応しないときがありますが、マスクしてもベッドに照明を暗くし横になっても画面ロックが解除出来る感じです(利用地域を日本にするとなぜか使えませんが笑 私は利用地域香港に設定して利用出来ることを確認しました、その設定でも当然日本語で使えます)。

次回は、使って一週間経ったレビューをカメラの画像比較も含め書いて行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました