bitFlyerによるFX取引(初心者編)のススメ

仮想通貨
スポンサーリンク

今まで怖くて手を出していなかったBTCFXについに手を出してしまいました。出川組の一人としてし責任をもって全額しゃぶり尽くされるまで仮想通貨による資産増加を狙いながら遊んで行きたいと思います。Airdropが原資なので金額が少ないのはご愛嬌ということで笑

大きな金額ではなく500円スタートで現在800円くらいになっており、勝率が安定して来たので手法公開と共にAirdropにてゲットしたNanjcoinの売却によりゲットした約2,000円を証拠金としてbitFlyerにてFX取引を行い履歴を随時更新して行きたいと思います。

なぜFXなのか

一言でいうと下落相場でも儲かる可能性があるからです。

現物がなくても「売り」から取引を開始出来ます。

簡単に言うと相場が下落している中で、「1,000,000円で1btc売り」の指示を出すことが出来、さらに安くなった時に「950,000円で1btcを買う」という指示を出すことで取引を成立させることが出来るということです。その際は50,000円の設けが計上されます。なのでこの相場では結構面白いのではないかと思いFX取引に踏み込みました!

注 実際にはいろいろな失敗を経て買い中心の取引スタイルになりました笑

画面の見方(ブラウザ版)

この画面左のサイドバーからbitFlyer LightningをクリックしFXの画面に移動します。

 

 

 

⇒ここです

クリックすると以下の画面が展開されます。

 

上にタグがあり、それぞれ以下の通りとなっています。

BTC/JPY ⇒現物売買取引

BTC-FX/JPY ⇒FX取引

BTC/JPY(日付)⇒先日付FX取引

ETH/BTC ⇒イーサリアムのビットコイン建て取引

が並んでいます。今回はFXなので②のBTC-FX/JPYをクリックします(上の画像はクリックされた状態になっています)。

上部左にチャートが表示されています。

上部右に現在の取引状況が板としてASK(売り)、BID(買い)で表示されています。

証拠金の入金方法

①画面左にあるメニューボタン(三の様なマーク)をクリック⇒入出金をクリック

②資産残高(上)と入出金(下)の画面となるので入出金の画面からLightning FX/Futures 証拠金をクリック

③bitFlyerに入金されている日本円の範囲内で以下の画面が表示されているので金額を入力し操作し預入をクリックして入金して下さい。

実際の取引画面

これが取引時に利用する画面になります。

証拠金に表示されている通り、814円が私の証拠金です笑

指値、成り行き、特殊の3パターンの注文が可能となっています。基本は、指値、成り行きの2つになります。

指値は数量と金額を指定して売り、買いすることが出来ます。

成行は現在の取引価格から機械的に売り、買いをする事が出来るものです。

指値のデメリットは、指定した金額にならないと売買されない点。成行きのデメリットは、売買が活発でない場合、変な金額で売買がなされてしまうケースが想定されることです(bitFlyerは頻繁に売買されているので特段現時点では問題ありません)。反対に当然直ぐ売買出来るというメリットがあるのでその点とのトレードオフかと思います。

取引が成立すると以下の画面に取引結果が表示されるので確認しながら、売り買いそれぞれの取引を決済していく流れとなります。上記取引画面には随時手数料差し引き後の取引中の玉の評価損益が出るので参考にして取引を行っていきます。

指値にて約定されるまでは注文タグ内にあり、約定後の取引は建玉タグに表示されます(成行で売買すると直ぐこちらに表示されます)。

当然といえば当然ですが、売りで入った場合は、買いで決済買いで入った場合は、売りで決済となります。それぞれの差損益がトレード損益となり証拠金が増減して行きます。

結構怖いイメージが初めありましたが意外と面白いので習うより慣れよの精神でお試し金額でやってみると面白いと思います。とは言うものの以下の点だけは注意して下さい。

損失のシミュレーションについて

この点には絶対に注意して取引を行って下さい。

bitFlyer FXでは、レバレッジ取引が可能となっています。証拠金が500円でも1倍〜15倍まで設定することが出来るため、7,500円までの取引が可能となります。当然1BTCの価格が750,000円の時に0.01btcにて買いや売りの取引を行えることを意味しています。

FX取引の怖いところではありますが、さきほどの例750,000円/BTCで買いで入っていた場合、1btcが725,000円になったときには、ロスカットルールが適用となってしまいます。ロスカットルールは取引所ごとに異なりますが、ビットフライヤーでは50%で設定されています。従い証拠金維持率50%でロスカットとなってしまいます。

さきほどの例では250円損が発生した場合が50%に該当となるため、725,000円に1btcがなった場合に反対取引にて機械的に決済されてしまうことを意味しています。その反対取引時の相場が大崩れしていた場合、現在の相場感では想定しにくいですが証拠金がマイナスとなる可能性がある点に注意して下さい

この点に注意しながらFX取引を楽しみつつ資産を増やしていきましょう。

bitFlyerに興味を持った方は、こちらから登録出来ます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

次回は誰にでも可能な初歩的な取引手法を紹介して行きます。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました